富士山・河口湖・富士五湖でワカサギ釣りを楽しむ!

katherin
katherin

富士五湖・河口湖周辺の秋冬定番レジャーと言えば、ワカサギ釣り♪
ワカサギ釣りというと真冬にドーム船に乗って釣るイメージが強いですよね。しかし、実はここ河口湖・富士山周辺の湖では、秋に紅葉を観ながらワカサギを釣ることができるんです。今回は、そんな富士五湖のワカサギ釣りの魅力をご紹介したいと思います。

ワカサギって?

ワカサギは漢字で「公魚」と書き、かつての常陸国麻生藩が徳川11代将軍徳川家斉に年貢として霞ヶ浦のワカサギを納め、公儀御用魚とされたことに由来しているそうです。
1910年代に水産動物学者雨宮育作が、霞ヶ浦のワカサギを山中湖・諏訪湖へ移植し、各地の湖沼に普及したといわれています。

ワカサギ=冬 というイメージですが実は、夏でも秋でも釣れる魚なんだそうです。ワカサギは基本的に1年で一生を終える魚です。(2年生きるワカサギもいるそうです)春が産卵期になるので春に卵から孵り、次の年の春に産卵して死んでしまいます。その為、魚が大きく育つのを待って釣るために冬場がベストシーズンになるようです。また、冬場のワカサギは、春の産卵に備え子持ちのワカサギが多く、市場では高値で売買されるそうですよ。

富士山周辺、ここ富士五湖でワカサギ釣りをするメリットは、都内から約90分というアクセスの良さと、何といっても富士山を眺めながら大自然の中でワカサギが釣れることです。加えて、手ぶらでOKなショップが多く気軽にワカサギ釣りが楽しめます。

ワカサギの定番調理方法と言えば「天ぷら」!お泊りの方は宿泊されるホテルなどで釣ってきたワカサギを調理してくれるサービスがあるのでご宿泊先に問い合わせてみてください!中には釣ったワカサギをその場で調理してくれるドーム船もあるそうです。自分で釣ったワカサギは格別に美味しいこと間違いなしです!

自宅での下処理は、まずワカサギについている見えない汚れと鱗を塩でキレイに洗い落とします。ポイントは、塩をワカサギ全体に優しくまんべんなくかけること。その後は水でキレイに優しく洗い流します。あとは天ぷら・素焼き・甘露煮などへ!

CAN GO!!アクセス

ワカサギ釣りスポット

【河口湖でワカサギ釣り】

河口湖のワカサギ釣り解禁日は10月1日です。冬場はドーム船でワカサギを釣ることができます。河口湖のワカサギは引きが良く初心者におススメです!人気の為、御予約はお早目に!河口湖周辺には観光施設がたくさんあるので一日遊べますよ!

河口湖漁業協同組合TEL 0555-76-6869 受付は9:00~15:00 ※ ドーム船あり
 

【ワカサギ釣りと言えば山中湖!】
 
山中湖のワカサギ釣り解禁日は9月1日です。冬になるといくつものドーム船が湖上に浮かびたくさんの人がワカサギ釣りを楽しんでいます。大きなドーム船では、船内に水洗トイレを装備した30人乗りや、「屋形タイプ」のドーム船などがあり、どれも予約でいっぱいになります。紅葉シーズンは例年10月下旬頃からピークを迎え、たくさんの家族連れやカップルがワカサギ釣りを楽しんでいます。

旭日丘観光 TEL 0555-62-3059 ※ドーム船あり
アーマー TEL 080-1383-2626 ※ドーム船あり 
しゅうすいや TEL 080-6539-3323 ※ドーム船あり

河口湖や山中湖には、ストーブやトイレなどを備えた「ドーム船」とよばれる船があり、冬でも船底に開いた穴からワカサギを釣ることができます。また精進湖や西湖、本栖湖では、大自然の中ゆ~っくりとワカサギを釣ることができます。
秋は精進湖や西湖、本栖湖で紅葉を観ながらのワカサギ釣り、冬は暖かいストーブやトイレ付きのドーム船でのワカサギ釣りがおススメです!


【ワカサギ釣り解禁日】
本栖湖 一年中可能
精進湖 11/1~3/31
西湖  10/1~12/31 3/20~5/31
河口湖 10/1~4/15
山中湖 9/1~6/30

CAN GO!!アクセス

ワカサギ釣りにかかる費用

釣りショップによってかわりますが、おおよそ、大人 4,000円~ 小人3,000円~ 別途 貸し専用竿セット(餌・仕掛け込み) 1,500円と遊漁料がかかります。
大体平均大人一人6,000円位はかかると見込んでおきましょう!

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE