河口湖からの絶景富士山 昭和~平成

katherin
katherin

もうすぐ「平成」の時代が終わり、新しい元号の時代になりますね。次の元号は何になるのかの楽しみな反面、「平成」という時代が終わることに少し寂しさを感じませんか?「昭和」時代は64年、「平成」は31年と、思えば昭和時代は平成時代に比べると長く昭和時代が終わり平成にかわる時には、時代がかわる期待と寂しさの入り混じった複雑な気分だったのかもしれません。
今回は、移り行く時代の中でも姿形を変えず、日本人にとっての象徴・シンボルである富士山の昭和~平成の写真をご紹介したいと思います。平成最後の富士山を写真におさめてみませんか?

昭和35年(1960年)の富士山

この写真は、富士山の麓、河口湖のお隣の村鳴沢村からの写真です。
富士山の雪の感じから、おそらく3月~4月の写真と思われます。

CAN GO!!アクセス

昭和40年頃(1965年頃)の富士山

鳴沢村にある紅葉台からの写真。今も昔も全くかわらない富士山の姿がわかります。

CAN GO!!アクセス

昭和41年(1966年)の富士山

昭和41年の河口湖北岸からの富士山。今では、世界中から観光客が訪れる有名な公園「大石公園」がある付近の写真です。

CAN GO!!アクセス

昭和61年(1986年)の富士山

「ふじてん」こと、この時代は「天神山」と呼ばれていたスキー場からの一枚。雄大な富士山が望めます。

CAN GO!!アクセス

平成9年(1997年)の富士山

鳴沢村、富士眺望の湯ゆらり温泉からの一枚。

CAN GO!!アクセス

平成22年(2010年)の富士山

鳴沢村、紅葉台からの写真。
下の昭和40年頃の写真と比べてもみてください。

かわる時代の中でも、富士山は全くかわることなく佇んでいるのがわかりますよね!
平成が終わってしまうまで、あと少し。平成の富士山を写真におさめにこちら河口湖富士五湖地域にお出かけになってみてはいかがでしょうか?

CAN GO!!アクセス

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE