手ぶらで一泊二日富士山キャンプ体験!「キャンプあかいけ」アウトドア体験編(1) 精進湖でカナディアンカヌー

さて女子二人の手ぶらで一泊二日の富士山グランピングキャンプ体験。そのキャンプの様子は前編でご紹介しましたが、実はこの旅で、二人はキャンプらしいアウトドアにも挑戦しています。ここではそんな二人のアウトドア体験の様子をレポートします。

二人がまず「キャンプあかいけ」でチャレンジしたのが「カナディアンカヌー」。
「キャンプあかいけ」は精進湖と国道139号線を挟んで反対側にあり、カナディアンカヌーとカヤックをレンタルすることが出来ます。
さて2人が体験するカナディアンカヌーとはどんなカヌーなんでしょうか。

カヌーには大きく二つの種類があります。
ひとつが今回2人が体験する「カナディアンカヌー」などの「カヌー」
もう一つがシーカヤックやリバーカヤックなどの「カヤック」です。
カヌーとカヤックの違いは、大まかに言うとカヌーは人の乗る場所であるデッキが手漕ぎボートのようにオープンで、「カヤック」はデッキが覆われており人はそこに開けられた穴のような部分から上半身を出すようにして操船します。
またカヌーは片側だけに水を掻くブレードがある「シングルブレード」というパドルを使いますが、カヤックは左右両方にブレードがある「ダブルブレード」というパドルを使用します。
今回体験する「カナディアンカヌー」はもともと北米のインディアンが使用していた、湖沼を移動するために使われていた丸木舟を起源とするカヌー。もともと荷物を運搬するように作られていたので、実際キャンプ用品などを大量に積んでツーリングをするなどに適していると言われています。
またカヌー自体非常に安定性が高いので、初心者がカヌー遊びを始めるのにもピッタリの船と言われています。

実は精進湖は、カナディアンカヌー初心者に向いている湖。
カナディアンカヌーのようなオープンデッキのカヌーは風が大敵。風が強いと思わぬ方向に流されて、知らないうちに沖に流されていたり、逆風のために岸に戻れないことや、場合によっては転覆するなんていうこともあるのです。だから風が強い場所でのカヌーは、初心者にはかなり危険なのです。
その点、精進湖は富士五湖の中で一番小さく、さらに周りを山でかこまれているために、風の影響を受けにくい湖。その気象条件を利用して全国規模の大会が行われる「精進湖 カヌー競技場」も作られています。
さらに「キャンプあかいけ」からカヌーを出すのは「観音岬」という、細長い水路のような入り江の一番奥まった部分。静かな精進湖の中でもさらに比較的水面が穏やかで、対岸まで100メートルほどしかありません。ですから何かあればすぐ岸に上がることも出来ます。
そのわりにこの細長い水路は奥行きは約1Kmありますから、ここを漕いで行けば、ちょっとしたカヌートレッキングも味わえます。
初心者でも比較的安心してカヌーに乗れるのがこの精進湖なのです。

CAN GO!!アクセス

さてカナディアンカヌーにチャレンジするには、まず「キャンプあかいけ」の受付でカヌーを借りる手続きをします。
レンタル料は半日2時間 1,500円(精進湖ご利用)カナディアンカヌーは一艇を二人で漕ぐことも出来るので、一艇を借りることに。
「キャンプあかいけ」の受付でライフジャケットとパドルを受け取ります。
オープンデッキのカナディアンカヌーはもともと非常に安定性の高いカヌーですが、オープンデッキ故にもしも転覆などした場合には、湖水に投げだされることになります。ですから安全のためライフジャケットは必須です。
そして初心者の2人はパドルの使い方など簡単なレクチャーをうけます。
というのも左右にブレードがあるカヤックなら、そのブレードを使い分けて船をコントロール出来ますが、シングルブレードのカナディアンカヌーでは、パドルの漕ぎ方で細かい船のコントロールをして行く必要があるのです。だからといってそんなに難しいことは無いですけどね!
最後に精進湖でカヌーするときの色々な注意事項を確認して、精進湖に向かいます。

さて精進湖に着いたら、「キャンプあかいけ」専用のカヌー置き場からカヌーを自分達で出し、水面に浮かべ出発!!
カナディアンカヌーは見かけによらず安定性が良いのです。
二人で乗るときは、1人が右側でパドルを漕ぎ、もう1人が反対の左側でパドルを漕ぎます。息をあわせないとカヌーはどちらかに曲がってしまいます。

しかし、風が少なく波がほとんど無い、精進湖のこのあたりでは、初心者でも全く不安無くカヌー体験が出来ます。
実際2人も全くの初心者ですがすぐにコツを覚えて、水路の奥へと入って行きます。

CAN GO!!アクセス

もともと溶岩でせき止められたことでできた精進湖は、周りに溶岩で冷えた奇岩があったり青木ヶ原樹海が見えたりと、変化のある景色を楽しむ事ができ、ちょっとしたアドベンチャー気分を味わえるのも魅力。
2時間はあっという間。無事カヌー体験を終えて、2人とも大満足でした。

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

■キャンプあかいけ
山梨県南都留郡富士河口湖町精進550-127
TEL:0555-87-2885 もしくは 080-1007-4363(9:00~17:00)FAX:0555-87-2066
Mail:fuji-ten@fujikanko.co.jp
営業期間:2019年4月27日~11月4日まで(予定)

2019シーズンの予約を開始しました。下記サイトからご予約下さい。
http://www.camp-akaike.jp/

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE