富士山の初冠雪 時期はいつ頃?

今年も富士山の初冠雪のニュースが届く季節になりました。
夏から秋にかけて富士山の最も分かりやすい変化といえば山頂付近にうっすらと雪化粧をする様で、日本一の高さを誇る富士山に一足早い冬の訪れを告げる初冠雪。
ところで、初冠雪には定義があるって知っていますか?

富士山の初冠雪

【初冠雪の定義】
そもそも気象庁では、初冠雪を「8月1日から翌年の7月31日までに山麓の気象官署から見て、山頂付近が初めて積雪などで白く見えること」としており、富士山の初冠雪は100年以上前の1894年から山梨県の甲府地方気象台が発表しています。

【平年っていつ?】
ニュースで見聞きする「平年より〇日早い」や「〇日遅い」この基準をご存じですか?
甲府地方気象台によると、富士山の初冠雪の平年は9月30日。1981年~2010年の間の初冠雪を観測した日から算出しており、2020年の初冠雪は9月28日に観測されたので、平年より2日早いということになります。

【過去の初冠雪】
富士山が初冠雪した最も早い年と遅い年はいつでしょう。
甲府地方気象台が観測を開始して以降、最も早く発表されたのは2008年。今から10年程前の出来事で、なんと登山シーズン真っただ中の8月9日でした。ちなみに8月に初冠雪が確認されたのは2008年を含め1914年、1935年、1994年の4回です。
反対に最も遅いのは1956年と2016年の10月26日で、富士山の初冠雪が極端に遅れるということはないようです。

■過去10年の初冠雪観測日
2020年 9月28日
2019年 10月22日
2018年 9月26日
2017年 10月23日
2016年 10月26日(最も遅い観測日)
2015年 10月11日
2014年 10月16日
2013年 10月19日
2012年 9月12日
2011年 9月24日

CAN GO!!アクセス

初冠雪と初雪、初雪化粧の違い

毎年冬になると「初雪」や「初冠雪」という言葉を聞きますよね。この2つの言葉、似ていますが観測する状況が違います。

【初雪とは?】
初冠雪は、山麓から見て山頂付近が雪などで白く見えることを指す一方、気象庁によると初雪は「8月1日から翌年の7月31日までに初めて降る雪。みぞれでもよい。」ということです。
富士山でも過去に初雪を確認していましたが、富士山の山頂は実に1年のうち300日以上も雪が積もっているため、どのタイミングを初雪とするか分かりずらく、2004年に富士山の初雪観測は終了しています。

【初雪化粧とは?】
富士山には、初冠雪とは別に「富士山初雪化粧宣言」があるのをご存じですか?
これは山梨県富士吉田市の富士山課が独自に確認しているもので、2006年から発表しています。2020年は9月21日に観測されたので、初冠雪より7日早く、また昨年の初雪化粧宣言より1ヶ月程早い発表となりました。

■過去10年の初雪化粧宣言
2020年 9月21日
2019年 10月23日
2018年 10月15日
2017年 10月26日
2016年 9月25日
2015年 10月11日
2014年 10月16日
2013年 10月19日
2012年 9月12日
2011年 9月24日

CAN GO!!アクセス

富士山の撮影は空気が澄んだ冬がおすすめ!富士五湖周辺おすすめ撮影スポット

冬の夜空を彩る「河口湖冬花火」

千円札と比べてみよう「本栖湖 中之倉峠」

ダイヤモンド富士の聖地 「山中湖畔」

CAN GO!!アクセス

【関連記事】
地元スタッフおすすめ
富士山の絶景スポット!カメラで撮るならここがおススメ!

>河口湖編
>西湖編
>山中湖編
>精進湖編
>本栖湖編

CAN GO!!アクセス

撮影で冷えた体を温めよう!人気の日帰り温泉「富士眺望の湯ゆらり」

富士山麓で人気の日帰り温泉「富士眺望の湯ゆらり」。その名の通り、温泉に浸かりながらながら望む富士の絶景が有名で、「霊峰露天風呂」「パノラマ風呂」「高見風呂」など、その眺めは一見の価値ありです。また「香り風呂」や「洞窟風呂」などユニークな内風呂もあり、全16種類のお風呂が楽しめます。
もちろん、温泉以外にもお食事やリラクゼーションが楽しめます。

CAN GO!!アクセス

住所 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
TEL 0555-85-3126
営業時間 10:00~22:00
定休日 年中無休

CAN GO!!アクセス

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE