河口湖で星空観察!ふじざくらインに宿泊して流星群を見よう!

もっちー
もっちー

富士山の麓、河口湖周辺には星空観察スポットがたくさんあります。富士山の頭上に満天の星空が広がる絶景を鑑賞することができますよ。さらに2020年はふたご座流星群を好条件で見ることができるチャンスもあります。
今回は、河口湖周辺の星空観測スポットと、ふたご座流星群の観測におすすめのホテル「ふじざくらイン」を紹介します。冬の河口湖は安定した天候で空気が澄んでいるため、星空観察に最適。防寒対策をしっかりして、冬の夜空を満喫しましょう。

河口湖周辺が星空観察に適している理由

【街明かりが少なく暗い】
富士山麓の河口湖周辺は、きれいな星空を見るための条件がそろっており、星空観察に最適です。
では、星を見るのに必要な条件とは何でしょうか?まずは、周囲の明かりが少ないことです。都会の街明かりの下などでは星があまり見えないですよね。富士五湖の湖畔などは周囲に光源となるような大きな施設が少ないため、星を見るには最適の「暗い」環境です。

【標高が高い】
次に標高です。標高が高く空に近い場所であればあるほど、空気が澄んで星がクリアに見えると言われています。河口湖の標高は約830m、また富士山に最も近いといわれる山中湖は標高約980mと、標高の高さも星がきれいに見えるポイントの1つです。

CAN GO!!アクセス

富士山と星空のコラボレーションを楽しもう

河口湖周辺の富士五湖地域はきれいな星空を観察できる条件がそろっているうえ、富士山のビュースポットが多いため、富士山と星空の絶景を見ることができるスポットがたくさんあります。
星空観察をするときは月が出ていないほうがいいと言われています。これは、月の明るさに隠れて淡い光の星が見えなくなってしまうためです。しかし、月明りがある方が富士山がはっきりと見えるため、河口湖周辺で「富士山と星空」を見たいときは月の出ている夜に出かけるのもアリですよ。

CAN GO!!アクセス

河口湖周辺の星空観賞や撮影におすすめのスポット

【全国育樹祭記念広場】
「全国育樹祭記念広場」は、平成2年に開催された「第14回全国育樹祭」の会場跡地につくられた公園です。富士スバルラインの横にある船津林道を登っていく途中にあります。標高1,200mの場所に位置し、日中には雄大な富士山の景色を楽しめます。
周囲に光源となる施設もなく、標高も高いため、天体観測スポットとして知る人ぞ知る穴場となっています。トイレやあずまやも整備されているため、長時間の撮影や鑑賞の時にも安心です。

住所:山梨県南都留郡鳴沢村(船津林道沿い)
アクセス:中央道河口湖ICから車で約15分

【西湖根場浜】
西湖は富士五湖の中でも青木ヶ原樹海などの手つかずの大自然が残っている湖として有名です。周囲に明かりも少なく、静かな夜に綺麗な富士山と星空を鑑賞できます。
富士山のビュースポットとして有名な「根場浜」からも、綺麗な星空を見ることができますよ。湖畔まで歩いていくことができるため、晴れていて風がない日は湖に映る富士山と星を見ることもできます。湖畔近くの無料駐車場にはトイレも整備されています。

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖
アクセス:中央道河口湖ICから車で約20分

【山中湖パノラマ台】
「山中湖パノラマ台」は、山中湖から三国峠へ続く県道の途中にある絶景スポットです。西側に富士山と山中湖、遠くには南アルプスまで一望できる絶好のロケーションで、天体観測にもうってつけです。標高1090mの高所にあり、観光施設が立ち並ぶ湖畔からも離れているため、はっきりとたくさんの星を見ることができます。駐車場やトイレもありますよ。

住所:山梨県南都留郡山中湖村平野
アクセス:東富士五湖道路山中湖ICから車で約20分

CAN GO!!アクセス

【本栖湖】
富士五湖の一つである本栖湖は、河口湖や山中湖と比べて周りに観光施設が少なく、周囲に光源はほとんどありません。普段は見ることができない小さな星まで見ることができますよ。
また、本栖湖といえば、1000円札の裏面に描かれていること富士山が有名です。湖畔沿いにはキャンプ場も多いため、テントを張って、美しい富士山と星空を気の済むまで満喫してはいかがでしょうか。

住所:山梨県身延町(浩庵キャンプ場付近)
アクセス:河口湖ICから車で約35分

CAN GO!!アクセス

2020年はふたご座流星群の当たり年

【ふたご座流星群とは】
「ふたご座流星群」は、「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」と並ぶ三大流星群の一つで、毎年12月上旬~中旬にかけて観測できます。ふたご座の星カストル付近を放射点として出現し、最も多くの流星が観測できる極大期には、1時間に50個から、ピーク時には100個近くの流星が出現することもあります。

【2020年の出現日】
2020年は、日本時間の12月14日10時ごろに極大を迎え、13日~14日にかけての夜に最も多くの流星が見られると予想されています。12日・14日の夜にも、数は少なくなりますが見ることができるようです。15日が新月のため月明かりの影響も少なく、かなり良い条件で観測できるのではないでしょうか。

CAN GO!!アクセス

「ふじざくらイン」に宿泊してふたご座流星群を観賞しよう

【ふじざくらインとは】
「ふじざくらイン」は、河口湖駅から車で5分ほどの場所にあるアクセス抜群の素泊まりホテルです。河口湖はもちろん、山中湖方面、本栖湖方面どちらにもアクセスしやすく、富士山周辺観光の拠点にピッタリです。
16種類の温泉と富士山の眺望が楽しめる人気の日帰り温泉「富士眺望の湯ゆらり」の入泉券がセットになったプランなど、様々なプランが用意されており目的に合わせて選択できます。ホテル周辺には飲食店やコンビニもあるため、食事にも困らないどころか、何を食べようか迷ってしまいます。素泊まりながら満足度の高いホテルです。

【ふたご座流星群に合わせた特別な宿泊プラン】
2020年は「ふたご座流星群」観測のチャンスという事で、12月13日(日)・14日(月)の2日間限定で流星群の観測体験ができる特別な宿泊プランが登場します。
流星群観測スポット「なるさわ活き活き広場」へのプチツアーが付いた宿泊プランで、21:20~22:30の約1時間、星空観察ができます。寒い屋外での観測に備えた寝袋の貸し出しや、ホットワイン・ホットぶどうジュースのサービスもあり、快適にふたご座流星群の観測を楽しむことができます。富士山の上を流れる流れ星を見つけることができたら、感動すること間違いありません。

※Go Toトラベルキャンペーンとやまなしグリーンゾーン宿泊割り併用プランのため、お得に宿泊できます。詳細はふじざくらインのHPをご確認ください。
  ≫Go Toトラベル山梨県!河口湖で双子座流星群を見よう!

ふじざくらインに宿泊して、流星群や星空観察を満喫してはいかがでしょうか?

CAN GO!!アクセス

【ふじざくらイン】
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津3234
TEL:0555-72-5100
アクセス:河口湖ICより車で約2分
     富士急行線河口湖駅より徒歩約15分(駅からホテルまでの無料送迎あり)

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE