富士登山には準備が必要!安全な富士登山のために知っておくべきこと

7月1日、富士山の吉田ルートが2年ぶりに開山し21日からはマイカー規制が始まります!そこで今回は、富士登山に必須装備や持ち物、服装、登山計画など、富士登山の準備についてご紹介します。
標高は3,776メートル、日本一の高さを誇る富士山。しっかり準備して安全に富士山登頂を目指しましょう!

【重要】
山梨県側の吉田ルートでは、入山時にチェックシートの提示等が必要です。
>令和3年度の富士登山について

富士登山のための準備1 –用意すべき持ち物(装備)・服装

富士山の標高は3,776メートル。山頂の気温は夏でも0度前後、ご来光前など夜間には氷点下になることもある過酷な山です。服装や装備などしっかり準備して富士登山に挑みましょう。
まず富士登山に必要な装備や持ち物についてご紹介します。

両手に荷物をもつことがないよう、しっかした登山用のザック(リュックサック)を準備しましょう。富士山は天候が急変することも多いため、防水のものやザックカバーを用意しておくと安心です。

【必需品リスト】
・お水
水分補給はもちろん、ケガした際の洗浄用にも役立ちます。
・レインウェア(雨具)
上下分かれた耐久性が強い登山用のものが役立ちます。
・ヘッドライト
夜間、砂利や岩場を登る際に手持ちの懐中電灯は危険です。
・タオル
首に巻くことで日差しを防いだり寒い時のマフラー代わりに便利です。
・替えの靴下
雨の日に濡れた靴下のままだと体温が下がってしまうので必須です。
・ビニール袋
ゴミ袋としてはもちろん、濡れた靴下や着替えを入れるのにも便利です。

また、富士山のトイレは有料なので、小銭(100円玉)を多めに用意することも忘れずに。
富士山の五合目以上は森林限界と呼ばれ、木陰のような日除けする場所がないため日焼け止めやツバの広い帽子、サングラスもあると便利です。そのほか、疲労回復用に飴・チョコレートなどの行動食、高山病の症状が出た際に役立つ頭痛薬などの医薬品も携帯しておくと安心です。

次に服装です。富士登山の服装の基本は重ね着です。富士山は標高が高くなるにつれ気温が低下するため、薄手で速乾性のあるアンダーシャツ、長袖シャツ、前開きで脱ぎ着しやすいフリースなどの防寒着といった順に重ね着しましょう。山頂でご来光を待つのであれば薄手のダウンジャケットや手袋を準備しておくと安心です。
靴は足首が隠れるようなハイカットの登山靴やトレッキングシューズが、砂利などが入りにくく怪我の防止になります。新しく購入した場合は、事前に何度も履いて慣らしておくこと、また靴下はクッション性のある少し厚手のものを履くと靴擦れを防ぐことができます。

CAN GO!!アクセス

富士登山のための準備2 –登山計画を立てる

富士山の登山道は山梨県側の吉田ルートのほか、静岡県側の富士宮ルート、御殿場ルート、須走ルートがあり、どの登山口から登るかによっても計画は変わります。

山梨県側の吉田ルートは首都圏からのアクセスもよく、山小屋や救護所の数も多いため富士登山初心者でも安心して登れるルートです。
登山者全体の6割が利用する人気ルートのため、混雑する週末や連休はできるだけ避けるのが登頂のポイント。天気予報をしっかり確認し、雨天や悪天候が予想されるときは延期しましょう。

富士山の山頂を目指すために、山小屋を利用した1泊2日の計画がおすすめです。
山小屋は夜間に到着しても入れない場合があるため、利用する際は利用時間などを確かめましょう。混雑時は予約がないと宿泊できない場合もありますので、予約が必要かどうかも確認しておくと安心です。

CAN GO!!アクセス

富士登山のための準備3 –アクセス方法の確認

富士登山期間中、吉田ルート・富士宮ルート・須走ルートではマイカー規制が実施されるため、一部の車両を除き富士山五合目までマイカーで通行することはできません。
マイカー規制期間中は山麓の駐車場で登山バスに乗り換えましょう。

2021年、吉田ルートの富士スバルラインでは、7月21日(水)午前3時~8月31日(火) 18時までマイカー規制が実施されます。利用時間は午前3時~午後6時まで、午後7時45分には富士スバルラインの通行ゲートが閉鎖されるため登ることも下ることもできなくなりますので注意が必要です。
マイカー規制期間中、吉田ルートを利用される方の乗り換え駐車場は「富士山パーキング」です。

CAN GO!!アクセス

富士山パーキング

マイカー規制期間中は「富士山パーキング(旧富士北麓駐車場)」から富士山五合目行きの登山バスに乗り換えます。1,400台収容の駐車場ですが、お盆休みや連休には満車になることもありますので、混雑日に富士登山を計画している場合は時間に余裕をもって行動することをおすすめします。

富士山パーキング内には観光案内所も併設されています。
富士山五合目のライブカメラ映像をリアルタイムで確認できるので、登山バスに乗り換える前にチェックしましょう。
富士山周辺のレジャーや観光情報、下山後に立ち寄りたい温泉や宿泊施設などの情報収集にも最適です。また、マイカー規制期間中に富士山パーキングを利用すると、河口湖周辺で人気の日帰り温泉やレストランの割引券もゲットできるので、下山後は富士登山の疲れを癒してから帰途につくのもおすすめです。

CAN GO!!アクセス

〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田字剣丸尾5597-84(東富士五湖道路富士吉田IC東隣)
駐車場に関するお問合せ:0555-72-9900

【施設案内】
駐車場(駐車台数1,400台)、観光案内所、トイレ

【営業時間】
4月1日~11月30日 9:00~17:00
※マイカー規制中は24時間、観光案内所は20時までの営業

【駐車料金】
マイカー規制期間中のみ自動車1台1回につき1,000円(二輪自動車125cc超を含む)
その他期間は無料

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE