富士五湖の歩き方

東京から高速バスで約1時間半、そこは緑溢れる別世界です。目の前には雄大な富士山と湖、纏うは高原地の清々しくフレッシュな風。その場所の全てがパワースポットです。さて、みなさんは富士五湖での観光といったらどこへ行きますか?富士五湖には魅力的な観光施設がたくさんあり、どこへいったらいいのか迷ってしまいますよね。そこで、富士五湖観光の初心者の方におすすめ!地元民が教える絶対おすすめプランをご紹介したいと思います。

まずは、富士山世界遺産センターへGO!

まずは、富士五湖観光の拠点でもある山梨県立富士山世界遺産センターで富士山について学びましょう!(静岡県側は平成29年12月23日に開館予定)
富士山は、2013年に世界文化遺産に登録されました。文化遺産への登録経緯は、富士山信仰や葛飾北斎の浮世絵の題材となったことが文化的に評価されたと言われています。
富士山世界遺産センターには、日本人なら知っておきたい富士山についてのトリビアがたくさん詰っており、デジタル展示を通して子供から大人まで楽しく学ぶことができます!なかでも、たった5分で富士登山が模擬体験できてしまうモニター“富士山登拝体験”や、和紙で作られた巨大なシンボルオブジェ“冨嶽三六0”は必見です。売店では富士山や山梨にちなんだ珍しいグッズをたくさん揃えていますので、こちらで山梨土産も入手できます。

CAN GO!!アクセス

山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1 富士スバルライン入口脇

北口本宮冨士浅間神社でお参り

1900年の歴史ある古社です。一歩神社へ足を踏み入れると神聖な空気を感じます。参道を進むと正面に本殿と大きな杉の木が見えてきます。本殿、東宮、西宮は国の重要文化財です。巨木は樹齢1000年を超えるそうです!富士山の陰の気を受け止めてくれる場所で、富士宮にある陽の場所、富士山本宮浅間大社と併せてお参りすることをおすすめします!こちらでは、2種類の御朱印が頂けますよ!御祭神は木花開耶姫命で、恋愛成就・縁結び・悪縁断ち切りなどに御利益があると言われています。

CAN GO!!アクセス

山梨県富士吉田市上吉田5558

昼食は山梨の郷土料理ほうとう!

山梨の郷土料理といえばほうとうですよね!ほうとうは名将武田信玄の陣中食として食され、その後庶民に広まったと言われています。地元民はお店でほうとうを食べる習慣はなく、家庭の味、おふくろの味として食卓に並びます。

【人気のほうとう屋さん】  
ほうとう不動  河口湖北本店 山梨県南都留郡富士河口湖町河口707
歩成(ふなり) 河口湖店   山梨県南都留郡富士河口湖町船津6931
小作      小作河口湖店 山梨県南都留郡富士河口湖町船津1638-1

CAN GO!!アクセス

オルゴールの森美術館へ

小さなヨーロッパと称されるオルゴール美術館。世界的にも大変貴重なオルゴールや自動演奏してくれるオルゴールなどがあります。世界に一つだけのオリジナルオルゴールも作れます。敷地内からは、素晴らしい富士山を望む事ができます!

CAN GO!!アクセス

山梨県南都留郡富士河口湖町河口3077-20

富士眺望の湯ゆらりでゆっくり♪

富士山のパワーを感じられる日帰り温泉施設です。富士山の眺望が抜群でパノラマ風呂や炭酸泉など16種類のお風呂が楽しめます。富士山麓大地の恵みを肌で感じることができるパワースポットです!エステやマッサージなどもあり、一日の疲れを癒してくれます。

CAN GO!!アクセス

山梨県南都留郡鳴沢村8532-5

地ビールレストランシルバンズでディナー!

締めくくりは、自家製のオリジナルビールがいただけるシルバンズでディナー!
お料理は、ピザやパスタなど地元食材を使ったオリジナル料理が自慢のガーデンレストランです。特におすすめなのが、数々のビアカップで金賞を受賞している富士桜高原麦酒です!シルバンズは富士桜高原麦酒の醸造所が隣接されたレストランで、いつでもフレッシュなビールが味わえますよ!運転で飲めない方はお土産として購入もできます。家族でもデートでもゆっくりお食事を楽しめるレストランです!

CAN GO!!アクセス

山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE