富士山の麓にあるキャンプ場【CAMP AKAIKE(キャンプあかいけ)】

外遊びの代表といえばキャンプ!!ゴールデンウィークや夏休みは外で遊びましょう。
キャンプをしましょう!富士山の周辺にはたくさんのキャンプ場がありますが、中でも富士山の麓の樹海の中にある「CAMP AKAIKE」は夏場でも涼しくキャンプができます!

CAMP AKAIKE キャンプアカイケとは?

CAMP AKAIKEは、富士山の麓の精進湖の南東に稀に出現する湖『赤池(※)』のほとりにあるキャンプ場です。
富士五胡とは河口湖・山中湖・西湖・精進湖・本栖湖の5つの湖の総称としています。
その精進湖と赤池は地下で繋がっているといわれ、富士五湖+1の富士六湖とも呼ばれております。
また、樹海に面しており富士山の溶岩帯や溶岩樹形囲まれたバンガローやキャンプサイトでは、富士山の自然と歴史を感じながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。
約6ヘクタールの敷地には、多くのバンガローやキャンプサイトを設けております。バンガロー26棟、オートキャンプのサイトが55サイト、バイクのサイトが13サイト、自由度が高いフリーサイトが36サイト、また1日1限定の手ぶらでキャンプが楽しめる「レンタルパック」とグランピング体験ができる「ロゴスグラマラス」が、初心者にはおすすめめです!精進湖からも近くカヌーやカヤック、釣りなども楽しめます。

※赤池…普段は草に覆われた湿地で、台風や大雨により精進湖の水位が上昇したときに現れると言われている幻の湖。

画像はグランピングが体験できる「ロゴスグラマラス」キャンプブランドの「LOGOS」と提携して直径7.2mの大型テントで宿泊できます。BBQグリルや調理器具、焚火台やランタン、1泊4名分のベッドやブランケット等備品まで用意してありますので、手ぶらでキャンプを行うことができます。

CAN GO!!アクセス

キャンプでもいろいろ料理ができちゃう!

キャンプの楽しみのひとつがアウトドア料理。屋外で食べるごはんはいつもよりさらにおいしく感じますよね。
ロゴスグラマラスでは、調理器具にBBQグリル、炭焼きコンロ、鍋、フライパン等もあり多彩なアウトドア料理を作ることができるようになっていますので、いろんな食材やレシピを持参してください。

CAN GO!!アクセス

1日1組限定のグラマラスなキャンプで、優雅な一時を。

もちろんご持参のテントを張るスペースもありますが、いつもとちょっと違ったキャンプを楽しみたい方には、こちらの「ロゴスグラマラス」で優雅に過ごすのもおすすめです。
こんな至れり尽くせりなキャンプ場なら女子会も楽しめそうです!
(写真の備品は変更されております)

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE