幻想的な河口湖の冬花火

katherine
katherine

河口湖では冬にも花火が楽しめるのをご存じですか?それは毎年恒例の「河口湖冬花火」。「花火といえば夏!」と思われる方、是非冬花火もご覧になってみてください。澄み切った冬の夜空を彩る花火はとても幻想的ですよ!今回は地元スタッフおススメのスポットと楽しみ方をご紹介します!

河口湖冬花火へGo!

2018年1月13日(土)~2月18日(日)までの土曜・日曜と、2月23日(富士山の日)の計13回、毎年恒例の「河口湖冬花火」が開催されます。打ち上げポイントはメイン会場の大池公園、畳岩、八木崎公園の3か所です。打ち上げ時間は午後8時から午後8時20分の20分間です。
冬花火当日は、夕方になると会場近くの駐車場はどこも満車状態になりますので、なるべく早めに到着されたほうが良いですよ!

CAN GO!!アクセス

冬花火ってなぜキレイ?

ここでひとつの疑問が。なぜ冬の花火やイルミネーションはくっきりとキレイに見えるのでしょうか?

夏は、暖められた多量の水蒸気を含む空気によって光の屈折を起こしやすくなり、遠くの景色が見えにくくなってしまうようです。その反対に冬は空気が冷たく乾燥している為、光の屈折が起こりにくく、遠くまでくっきりと見ることができるのだそうです。
また、春から夏にかけては、大陸から黄砂などが運ばれ、空気中にホコリや塵が多量に含まれます。上空は空気の流れが弱い為、ホコリや塵が移動しません。冬は偏西風の影響により強い空気の流れがあり、空気中のホコリや塵などが風で運ばれていくので夏よりも澄んだ空気になると言われています。この原理は、星やイルミネーションが冬に綺麗に見える理由と同じなのですね。

【おススメ絶景ビューポイント】
メイン会場 大池公園
メイン会場 畳岩
メイン会場 八木崎公園
河口湖北岸ウォーキングトレイル付近

【開催日】
2018年1月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)
2018年2月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)・17日(土)
2月18日(日)・23日(金・富士山の日)

お問合わせ 
富士河口湖町観光連盟   TEL0555-28-5177(平日)
富士河口湖町観光課    TEL 0555-72-3168(平日)
富士河口湖町役場     TEL 0555-72-1111(土・日・祝日)
富士河口湖観光総合案内所 TEL 0555-72-6700(土・日・祝日)

CAN GO!!アクセス

冬花火の後はあったか温泉♪

きれいな花火を楽しんだ温泉へ!鳴沢村にある富士眺望の湯ゆらりは富士山の眺望が抜群のパノラマ風呂や炭酸泉など16種類のお風呂が楽しめる日帰り温泉施設です。施設内にはエステあかすりやボディリフレッシュ、レストランも充実しています。
冬花火の後は冷えた体を温泉で温めるのが地元スタッフおススメの楽しみ方です!

CAN GO!!アクセス

住所:山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
問合せ:0555-85-3126

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

CAN GO!!アクセス

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE