春爛漫!富士五湖で訪れたいお花見スポット!

ブラッキー
ブラッキー

4月の中旬頃から桜の見ごろを迎える富士五湖エリア。少し遅い分、ゴールデンウィークのお出かけ時期までお花見を楽しめます。自然豊かな富士五湖エリアには、富士山と桜の絶景を見れる様々なお花見スポットがあります。「今年は自然に囲まれながらお花見をしたい!」という方に是非足を運んで頂きたい「お花見スポット」をご紹介します。

広々とした芝生広場でゆったりお花見を!「シッコゴ公園」

河口湖南岸エリア、「富士御室浅間神社」の近くにあり、広々とした芝生広場が特徴の「シッコゴ公園」では、桜の見ごろになると芝生広場から駐車場までの約300mにかけて桜が咲き誇ります。晴れた日はお弁当を持ってきて、ゆったり桜を見ながらピクニックするのもおすすめです。

また、「シッコゴ公園」では4月29日に「甲斐の勝山やぶさめ祭り」が開催されます。桜の開花時期と合えば、桜吹雪の中を馬が疾走する「やぶさめ祭り」を見ることができるかもしれません。

無料の駐車場もあり、お車で観光に来た方も安心です。お昼時に混み合う飲食店での食事を避けて、お花見をしながら食事をしたいという方におすすめの公園です。

CAN GO!!アクセス

車:中央自動車道河口湖I.Cから約15分
バス:富士急行線河口湖駅からバスにて約15分「富士御室浅間神社バス停」下車

湖畔を散策しながら桜を鑑賞できる!「八木崎公園」

河口湖南岸にあるもう一つのおすすめ桜スポットは、毎年6月になると一面にラベンダーが咲き誇る「八木崎公園」です。「ハーブフェスティバル」の開催会場として有名な公園ですが、桜のお花見もできる観光スポットです。

園内の遊歩道沿いに桜並木が続き、上を見上げると富士山の頭がひょこっと顔を出します。

桜のお花見スポットとしてはあまり有名ではないので、訪れる観光客も少なく落ち着いた雰囲気の中で桜を鑑賞できますので、カップルのデートスポットとしてもおすすめです。無料の駐車所があるので、ドライブデートの1つとして訪れてみてはいかがでしょうか。

CAN GO!!アクセス

車:中央自動車道河口湖I.Cから約10分
バス:富士急行線河口湖駅からバスにて約10分「八木崎公園バス停」下車

河口湖と富士山の絶景スポット!「産屋ヶ崎」

河口湖北岸の河口湖大橋付近に「産屋ヶ崎」という富士山ビュースポットがあります。桜が咲く時期になると富士山と湖と桜の絶景を望むことができ、多くのカメラマンが訪れる絶好の撮影スポットです。天気のコンディションが良ければ、逆さ富士も同時に見れるかもしれません。

「産屋ヶ崎」は「河口湖大橋北岸側」の下にあり、隠れスポット的な場所であり駐車場に止めれる台数も少ないので「富士・河口湖桜祭り」に行ったついでに、絶好のロケーションで撮影してみてはいかがでしょうか?

CAN GO!!アクセス

車:中央自動車道河口湖I.Cから約15分
バス:富士急行線河口湖駅からバスにて約15分「湖山亭うぶや前バス停」下車

西湖エリアにあるお花見スポット

鳴沢地区にあり茅葺き屋根の建物が集まる「西湖いやしの里根場」では、富士山と古民家の日本風景が見れる場所として、国内外の観光客が多く訪れます。建物の中では、そば打ち・ほうとう作り・陶芸・絹織りなどの体験や、懐石料理を味わえるお食事処もあり、長時間滞在できる観光スポットとなっております。

春になるとこの場所でも桜が咲き誇り、施設を散策しながらお花見ができます。桜と富士山と古民家の風景は、是非カメラに収めておきたい1枚となっています。

CAN GO!!アクセス

車:中央自動車道河口湖I.Cから約25分
バス:富士急行線河口湖駅からバスにて約30分「西湖いやしの里根場バス停」下車

のどかな風景の中、桜と富士山が見れる「忍野お宮橋」

8つの池から構成される「忍野八海」は観光スポットとして人気ですが、すぐ近くにある「忍野お宮橋」に咲く桜もとても美しく、思わずシャッターを押したくなるようなビュースポットです。

清流が流れる川を挟んで両岸に咲き誇る約400m続く桜並木の奥に、富士山が望めるビュースポットとなっております。花びらが川に落ちて、ピンク色に染まる珍しい川を眺めることができ、神秘的な風景を撮ろうと多くのカメラマンが訪れます。

訪れる際には「忍野八海」で観光した後に、その足で「忍野お宮橋」まで歩いて桜散策をすることおすすめします。富士山と桜が造り出す光景を、是非一度ご覧ください。

CAN GO!!アクセス

車:中央自動車道河口湖I.Cから約15分
バス:富士急行線富士山駅からバスにて約25分「忍野八海バス停」下車、徒歩約5分

CAN GO!!アクセス

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE