ゴルフの服装には「ドレスコード」というマナーがあるのをご存じでしょうか?「紳士のスポーツ」と呼ばれるゴルフ。プレーするときはゴルフ場ごとのドレスコードによって定められた服装を着用するのがマナーです。正しい服装でプレーをすれば同伴者やほかのプレ-ヤーとお互いに気持ちよくゴルフを楽しめる反面、ドレスコードを知らずにラフな服装でゴルフ場を訪れると恥ずかしい思いをしてしまうことも…。
そこで、どのような服装でゴルフに行けばいいのか分からないという方に、ゴルフウェアの選び方をご紹介します。ドレスコードはゴルフ場ごとに異なりますので、本記事を参考に来場予定のゴルフ場のドレスコード規定をチェックしましょう。
LINE

ゴルフの服装マナー ゴルフ場の「ドレスコード」とは?

ゴルフ場に行くときは服装に注意

ゴルフ場にはドレスコードが定められており、服装マナーを守る必要があります。ドレスコード規定はゴルフ場ごとに異なりますが、基本的にどのゴルフ場でもNGな服装があります。次にあげる服装のポイントは最低限チェックしておきましょう。

・襟付きのシャツを着用する。
男性・女性ともに、トップスは襟付きのシャツやタートルネックが基本です。襟の無いTシャツなどは基本的にどのゴルフ場でもNGとなります。

・ジーパンはNG
ボトムスは綿パンやチノパンを着用するのが一般的です。ジーパンはどこのゴルフ場でも認められません。女性はスカートでもOKですが、過度に丈が短いものなどは避けるようにしましょう。

ラウンド中だけでなく行き帰りの服装にもマナーが

ゴルフ場ではプレー中だけでなく、行き帰りやクラブハウスでの服装にもマナーがあります。男女とも襟のあるシャツにジャケットを着用するのが基本ですが、暑い夏場はジャケット着用をしなくて良いゴルフ場も多いです。
また、コロナ禍になって以降、ロッカーの使用時間短縮のためにプレースタイル(ゴルフウェア)での来場を推奨するゴルフ場も多くなりました。ゴルフ場によってルールが異なりますので、来場前にホームページや電話で確認するようにしましょう。

男性のゴルフ場での服装マナー

ラウンド中のメンズウェアの基本

メンズゴルフウェアの基本は、襟のあるシャツもしくはタートルネックを着用し、シャツの裾はパンツにしまいます。パンツは綿パンかチノパンを着用しましょう。友人同士など気心の知れた仲間とのゴルフなら多少派手な色合いのものでも問題ありませんが、なかには迷彩柄など特定の柄を禁止しているゴルフ場などもあります。また、接待ゴルフなど仕事関係のゴルフであれば落ち着いた色で揃えるのが良いでしょう。ゴルフ場のルールや同伴者との関係性を考えながら服装選びをしましょう。

シューズはソフトスパイクやスパイクレスのものを

シューズに関して、芝へのダメージが大きいメタルスパイクシューズは使用を禁止しているゴルフ場が多いです。ドレスコード規定に記されている「ソフトスパイクまたはスパイクレスの推奨」とは、メタルスパイク禁止ということです。
今はメタルスパイクシューズ自体が市場にあまり出回らないため、これからゴルフを始める方はあまり気にしなくていいと思いますが、念のため覚えておきましょう。

行き帰りやクラブハウス内での服装

前述の通り、行き帰りとクラブハウス内の服装はゴルフ場ごとに異なりますが、基本は襟付きシャツにジャケット着用で、靴は革靴を選ぶと無難です。どのゴルフ場でも襟の無いシャツ、デニムパンツ、サンダルなどラフな服装はNGです。ゴルフ場のクラブハウスはホテルで例えるとロビーのような場所です。高級ホテルに入るときのようなイメージで服装選びをしましょう。

女性のゴルフ場での服装マナー

レディースウェアの基本 ワンピース型も

レディースゴルフウェアも、基本的には男性と同様に襟付きシャツやタートルネックです。ボトムスはパンツの代わりにスカートでもOKですが、動きづらくなるものやミニスカートは避けましょう。キュロットスカートなどがおすすめです。ゴルフ場によっては露出が多い服装を禁止している場合もありますので、悩む場合はパンツスタイルにするのが安心でしょう。
また、女性用ではワンピース型のゴルフウェアもあります。

行き帰りやクラブハウス内での服装

厳格なゴルフ場では女性にも男性と同様にジャケット着用を定めている場合がありますが、そこまで厳しくないゴルフ場も多いです。気をつけたいことは、男性と同じくラフな服装を避けること、またゴルフウェアと同じく露出の多い服装も避けるようにしましょう。ジーンズ・スウェット・キャミソール・サンダルなどはNGです。
靴はパンプスやローヒールなどを用意しましょう。

付き添いの場合もプレーヤーと同じ服装なら安心

非プレーヤーのコース同伴が許可されているゴルフ場もあります。プレーヤーに付き添ってコースを回る場合でも、ドレスコードを意識した服装を選ぶと安心です。ゴルフウェアやゴルフシューズをそろえる必要は無いと思いますが、襟の付いたシャツで、スニーカーなど歩きやすい靴を準備しましょう。

冬ゴルフの服装 マナーを守りながら防寒対策を

ゴルフプレーの妨げにならない寒さ対策を

冬のゴルフでは、寒さ対策としてアウターを用意しましょう。その時の寒さによりますが、袖が無いベストは着たままでも動きやすくプレーに支障が出にくいためおすすめです。風がある日はウィンドブレーカーも役に立ちます。ただし、重ね着をしすぎたり、ダウンコートなど厚手のアウターを着ると動きにくくなりいつものプレーができなくなってしまいます。パフォーマンスを落とさない範囲で防寒対策をしましょう。

セーターやトレーナーの重ね着は良いの?

シャツの上から重ね着をするならセーターがおすすめです。冬にセーターを着てプレーするゴルファーは多いですよ。襟付きシャツの上に着用するのが基本です。フード付きのパーカーは、近年認められるゴルフ場も出てきましたが、厳格なゴルフ場では避けた方がいいかもしれません。着用する場合はプレーの邪魔にならないようにフードが大きくないものを選びましょう。

寒さ対策の小物を用意しよう

寒さ対策として役に立つのがネックウォーマーなどの小物類です。着脱が楽でかさばらないので、暑くなってきたら脱いでゴルフバッグやカートにしまうことで簡単に温度調節ができます。
また、カイロをポケットに入れておくのもおすすめですよ。

夏ゴルフの服装 暑い夏は軽装でいいの?

男性の短パン着用はアリ?

ゴルフは長時間屋外を歩き回るスポーツなので、夏は暑さ対策も必要となります。男性はハーフパンツで涼しくプレーしたいと思い方も多いと思いますが、ハーフパンツの着用はゴルフ場によってNGな場所もあります。事前にゴルフ場に確認するのが良いでしょう。ハーフパンツを着用する場合はロングソックスを履くのがマナーです。

タオルや日焼け対策も忘れずに

暑い夏は汗をかくため、汗拭き用のタオルも忘れずに用意しましょう。ただし、首にタオルをかけたままプレーするのはマナー違反ですので注意が必要です。よく使う方はタオルとは別にハンカチなどをポケットに入れて持ち歩くと良いでしょう。
またゴルフコースには日陰が少ないため、日焼け止めなど日差しへの対策も必要になります。帽子は、打球から頭部を守るという意味で季節問わずどのゴルフ場でも着用した方が良いものですが、夏は頭部を日差しから守る役割もあります。サングラスもあると役に立ちますよ。

ゴルフの服装はユニクロなどで揃えても良い?

ドレスコードの規定を守ればユニクロでOK

ゴルフウェアはゴルフブランドのものをそろえたほうがいいのでしょうか?結論からいうと、ドレスコード規定の範疇であればユニクロの服でも十分です。有名ブランドのウェア製品はゴルフプレーに特化した機能性の高いものが揃いますので、競技志向が強い方やスコアを伸ばしたい方にはおすすめです。ただし、ユニクロで購入できる服も動きやすくリーズナブルなので、仲間とゴルフを楽しみたい、これからゴルフを始めたいという方はユニクロの服をチェックしてみてはいかがでしょうか?

打ちっぱなしに行くときもドレスコードはある?

打ちっぱなしの服装は基本的に自由

打ちっぱなしには基本的にドレスコードはありません。服装は自由で、靴もスニーカー等で大丈夫です。ただし、あまりに動きにくい服装では本番同様の練習にならず、けがの原因にもなります。ゴルフ場でラウンドするときを意識した服装で練習しましょう。

富士山が見えるおすすめ絶景ゴルフ場

富士レイクサイドカントリー倶楽部

山梨県にある「富士レイクサイドカントリー倶楽部」は、晴れていれば雄大な富士山が望める絶景が自慢のリゾートコースです。10番ホールのティーイングエリアに立つと正面に大きな富士山がそびえ立ち、富士山に向かって豪快なショットを打つことができます。コースは全体的に戦略性が高く、特にグリーンは富士山麓特有の早い芝目に苦戦するかもしれません。ラウンド経験者に同伴してもらったり、キャディのアドバイスをもらいながらスコアアップを目指しましょう。

富士桜カントリー倶楽部

「富士桜カントリー倶楽部」は、男子プロトーナメント「フジサンケイクラシック」の開催コースです。レギュラーティーからでもコース全長が6400yを超えるロングコースで、グリーンのアンジュレーションも読みにくく、山梨県内でも屈指の難関コースです。コースを熟知したキャディのアドバイスを聞きながらプレーを楽しみましょう。
富士桜カントリー倶楽部は完全メンバーシップコースとなっており、原則としてメンバーまたはメンバー同伴者しかプレーできませんが、腕に自信のある方はぜひ一度挑戦してほしいコースです。

敷島カントリー倶楽部

「敷島カントリー倶楽部」は、山梨県甲斐市に位置する丘陵コースです。富士山からの距離はそこまで近くないものの、標高1,000mに位置しており18ホールすべてのコースから富士山が見える絶景ゴルフ場です。山梨県の中心部にありながら、標高が高く夏でも涼しいという点もポイントです。コース全長はそこまで長くありませんが、丘陵コースであるためアップダウンがあります。戦略を立てながらプレーしましょう。

関連施設

富士レイクサイドカントリー倶楽部

富士レイクサイドカントリー倶楽部

富士山の標高1,000mに位置するリゾートコース。眼下に河口湖を見下ろし、富士山に向かってショットする豪快かつ絶好のロケーションのゴルフ場です。 半世紀以上にわたり多くのゴルファーに親しまれてきた戦略性の高いコースが特徴です。

富士桜カントリー倶楽部

富士桜カントリー倶楽部

どのホールからも富士山を望むことができ、「フジサンケイクラシック」が開催される日本屈指のトーナメントコースです。トーナメント仕様のコースレイアウトにより、ゴルフの醍醐味を存分に味わうことができます。

敷島カントリー倶楽部

敷島カントリー倶楽部

富士山の眺望に優れ、南アルプス、昇仙峡、眼下には甲府盆地などを望むことができる丘陵コース。丘陵コース特有のアップダウンとコースレイアウト、そして何度来ても飽きることのないロケーションがゴルファーを魅了します。

LINE

ライター紹介

もっちー