河口湖のラベンダー 見頃時期やイベント情報を紹介!

河口湖の初夏の風物詩、ラベンダー。夏の訪れを告げる大人気イベント「河口湖ハーブフェスティバル」には毎年多くの人が訪れ、富士山をバックにラベンダーの紫色のじゅうたんを敷き詰めたような美しい景色を堪能しています。
今回は、河口湖周辺のラベンダーの見頃時期や、ラベンダーが楽しめる場所、イベント情報をご紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時の外出を推奨するものではありません。感染拡大防止策等については政府及び行政、各施設の公式情報を必ずご確認ください。

河口湖でラベンダーが見頃を迎えるのは6~7月

河口湖の周辺には、約10万株のラベンダーが植えられており、毎年6月中旬~7月にかけて見頃を迎えます。
ラベンダーが楽しめるのは、河口湖北岸の人気観光スポット「大石公園」と、南岸エリアの「八木崎公園」です。

CAN GO!!アクセス

2021年のラベンダー開花状況

2021年6月18日 大石公園
ラベンダーの穂全体の色づきが進んでいます。開花までもう少しのようです。

2021年6月18日 八木崎公園
全体的に穂全体が紫色に変わりはじめています。早咲きの品種では、一部つぼみの先から紫色の花が数輪咲き始めているものもあります。

2021年6月18日 八木崎公園
八木崎公園では、アジサイも徐々に花が大きくなり始めています。

>ラベンダー以外にも見頃の花が!河口湖アジサイスポット紹介!

CAN GO!!アクセス

河口湖北岸の大石公園はラベンダーの名所!見頃時期を紹介!

まずご紹介するのは、河口湖の人気観光スポットである「大石公園」。富士山をバックに河口湖とラベンダーを望める絶景スポットです。
大石公園のラベンダーは遅咲きと早咲きがあり、早咲きの種類が見頃を迎えるのは6月下旬、遅咲きの種類は7月上旬から見頃を迎えるため、いつでも見頃のラベンダーが楽しめ、夏の河口湖を象徴する写真が撮れる公園です。

大石公園には全長350mの花街道と呼ばれる遊歩道があり、春にはチューリップや芝桜、初夏のラベンダー、10月になるとコキアの紅葉が見られ、ラベンダー以外にも四季折々の花々を楽しむことができます。

大石公園内にあるショップやカフェを併設した「河口湖自然生活館」では、大石地区の特産品ブルーベリーを使った手作りジャムやソフトクリームを販売しています。手作りジャムは人気のお土産品で、館内ではブルーベリーを使ったジャム作りの体験教室も実施しています。
また、富士河口湖町の大石地区にある農園で体験できるフルーツ狩りの案内窓口にもなっており、大石公園周辺では、6月下旬〜7月初旬にさくらんぼ狩り、7月上旬~8月上旬にブルーベリー狩りが楽しめます。

CAN GO!!アクセス

【住所】
山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585

【アクセス】
〇公共交通機関をご利用の方:
富士急行線河口湖駅下車、河口湖周遊バスに乗り終点・河口湖自然生活館下車
〇車をご利用の方:
中央自動車道河口湖ICより河口湖方面へ、河口湖大橋を渡って河口湖北岸に入り直進、約15分

【無料駐車場】
あり(普通車40台・大型車7台)

大石公園は「河口湖ハーブフェスティバル」のメイン会場

ラベンダーの開花時期にあわせて開催される大人気のイベントが「河口湖ハーブフェスティバル」です。
2021年のイベント開催期間は6月19日(土)~7月11日(日)。一面に広がるラベンダーを鑑賞しながら、同時開催予定のクラフト市をぜひお楽しみください。

※新型コロナ感染防止対策を行います。
状況により中止となる場合がありますので、開催等詳細についてはご確認の上お越しいただくことをお奨めします。

>河口湖ハーブフェスティバルの詳細はこちら


CAN GO!!アクセス

河口湖南岸の八木崎公園でゆったりラベンダー鑑賞!

河口湖南岸エリアにある芝生広場が有名な八木崎公園も、ラベンダーをはじめとするハーブが楽しめる公園です。公園の敷地面積は約52,000平方メートルと広大で、6~7月にかけて約3,000株のラベンダーが見頃を迎えます。

八木崎公園は2018年に芝生広場や散策路が再整備され、高さ4メートルの芝生の丘から眺める富士山は絶景です。
初夏のラベンダーを楽しめる公園として有名ですが、春には桜、ラベンダーと同時期にアジサイも楽しむことができます。

公園内を散策したら立ち寄りたいのが、園内の一角に建つ河口湖ミューズ館。人形作家である与勇輝氏の作品が展示されている美術館です。館内には河口湖と公園を一望できるカフェがあり、ここのラベンダーソフトクリームがオススメです。鮮やかな紫色のラベンダーを目で見て香りを楽しんだ後は、食べてみるのはいかがでしょうか。
また、バスでお越しの方には、富士山の天然水を仕込み水とし、国内外で数多くの賞を受賞している「富士桜高原麦酒」もオススメです。

>河口湖ミューズ館の詳細はこちら
>富士桜高原麦酒の詳細はこちら

CAN GO!!アクセス

【住所】
山梨県南都留郡富士河口湖町小立923

【アクセス】
〇公共交通機関をご利用の方:
富士急行線河口湖駅より西湖周遊バスに乗り八木崎公園下車
〇車をご利用の方:
中央自動車道河口湖ICより河口湖方面へ、河口湖大橋手前を左折し河口湖南岸に入り直進、約10分

【無料駐車場】
あり(普通車30台・大型車4台)

河口湖ハーブフェスティバルの関連イベント「富士河口湖ハーブランタン祭り」

河口湖ハーブフェスティバルの期間終盤、7月10日(土)の夜には、八木崎公園で「富士河口湖ハーブランタン祭り」が開催されます。LEDを使用した環境に優しい手持ちランタンを灯してラベンダーの香りを楽しみながら八木崎公園で幻想的な夜を楽しみませんか。

富士河口湖ハーブランタン祭りへの参加には、事前ランタン引換券の入手が必要です。
ランタンの引換券を入手できる施設のひとつが、先に紹介した、富士山の天然水を使用したクラフトビール、富士桜高原麦酒の醸造所を併設した地ビールレストラン「シルバンズ」です。広大なガーデンを眺めながら、世界的にも評価の高い富士山桜高原麦酒とボリュームたっぷりのオリジナル料理を楽しむことができます。
その他、町内18か所の施設で引換券を配布していますのでご確認ください。

>地ビールレストラン「シルバンズ」詳細はこちら
>富士河口湖ハーブランタン祭りの詳細はこちら

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時の外出を推奨するものではありません。感染拡大防止策等については政府及び行政、各施設の公式情報を必ずご確認ください。

CAN GO!!アクセス

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE