河口湖周辺でソロキャンプ!イチ押しキャンプ場・キャンプあかいけ

もっちー
もっちー

河口湖周辺でソロキャンプを楽しもう!昨今のコロナ禍で需要が高まっているアウトドア。なかでもキャンプは注目を集めており、ソロキャンプを行う人も多くなりました。今回は、河口湖周辺でソロキャンプにおすすめの穴場キャンプ場「CAMP AKAIKE(キャンプあかいけ)」の魅力についてご紹介します!

富士山の樹海の中にある穴場キャンプ場

【夏でも涼しい樹海のキャンプ場】
キャンプあかいけは、富士山の樹海の中につくられたキャンプ場です。木々に囲われた日陰は夏でも涼しく、快適にキャンプを楽しむことができます。富士五湖周辺でキャンプ場を探すときは湖畔のキャンプ場に目が行きがちで、キャンプあかいけのような森の中のキャンプ場はまだまだ穴場。自然豊かな樹海でのんびりと自分の時間を楽しむことができますよ。

【料金も1泊2000円以下と格安】
宿泊料金が安いのもソロキャンプに欠かせないポイントです。キャンプあかいけは、フリーサイトを利用する場合、入場料800円+サイト使用料1000円=1800円で1泊できます(サイト使用料は時期により変動あり)。車の駐車料も無料で、他にお金がかかるのは薪の購入や、ゴミの処理をお願いする場合の処理代くらい。キャンプ場でお金がかからない分、食事や周辺散策にお金をかけることができますよ。

【レンタルあり・管理人もいるのでソロでも安心】
ソロキャンプではレンタルがあったり、管理人がいるキャンプ場を選ぶと安心です。キャンプあかいけにはレンタル品が充実しており、平日の深夜以外はスタッフが常駐しているため、万が一忘れ物や困ったことがあっても相談できます。

CAN GO!!アクセス

シャワー無料・トイレや炊事場も複数あり利便性抜群

【場内設備が充実】
キャンプあかいけは場内設備が整っているのもポイントです。敷地面積は6.4haと広いですが、その分トイレや炊事場、シャワー室が複数個所に点在しており、管理棟から遠いサイトでも不便に感じることはありません。また、キャンプ場のシャワーは有料で時間制限付きのものが多いですが、キャンプあかいけは宿泊者なら無料で使えます。ただし、他の人のことも考えて使用時間は10分以内に抑えましょう。

CAN GO!!アクセス

焚き火台があるバイクサイトでソロキャンプ同士の交流も

【バイカー専用のフリーサイト】
1人でキャンプをする方の中には、バイクでキャンプ場まで行く方も多いと思います。キャンプあかいけにはバイカー専用のフリーサイト「フリーサイトバイク」があります。林の中の好きな場所にテントを張れるので、のんびり1人の時間を過ごすことができるほか、共有の焚き火台の周りでソロキャンパー同士の交流を楽しむこともできますよ。自然木がそのまま残っているサイトなので、ハンモックを持っていくのもおすすめです。

【車の方は林間のテントサイトやオートサイトへ】
車でソロキャンプに来た方は、林間のテントサイトやオートサイトを利用しましょう。林間サイトは車の乗り入れができませんが、荷下ろしの時だけはサイトの近くまで車で行くことができます。それ以外の時は無料の駐車場に止めておきましょう。
荷物が多い場合は、車の乗り入れ可能なオートサイトを利用しましょう。オートサイトは区画の広さごとに料金が変わりますが、小さなサイトなら料金も1500円~とリーズナブルでソロキャンプにピッタリの広さです。

CAN GO!!アクセス

空いた時間で周辺散策 秘境「赤池」や西湖・本栖湖周辺を巡る

【キャンプ場内にある富士五湖6つ目の湖?幻の赤池とは】
ソロキャンプはテント設営後に自由な時間が多いのが特徴。読書に没頭したりと静かなキャンプ場内で優雅に過ごすのも一つですが、周辺散策をするのも楽しいですよ。キャンプあかいけには、キャンプ場の名前の由来でもある幻の湖「赤池」があります。
なぜ赤池は幻の湖と呼ばれているのか?それは、数年に1度しか姿を現さないからです。赤池がある場所は普段は草原で、精進湖が増水することで地下から水が湧き出し池を作るといわれています。キャンプに行っても池を見ることは出来ないことがほとんどですが、赤池が出現する草原に神秘的なパワーを感じることができるかもしれません。

【西湖いやしの里根場】
キャンプあかいけは精進湖の近くにありますが、西湖・精進湖・本栖湖の3つは比較的近い距離にあるので、車やバイクがあれば西湖や本栖湖まで遊びに行くこともできますよ。西湖にある「西湖いやしの里根場」は、茅葺屋根の家が立ち並ぶ日本の原風景が残る施設です。懐かしさを感じる景色の中で伝統工芸体験などが楽しめます。
≫詳しくはこちら

【本栖湖でカヌーや水遊び】
本栖湖は富士五湖の中でも透明度が高く、水深が深い湖です。本栖湖ではのんびりと水上散歩が楽しめるカヌー体験や、ボードの上に立ってパドルを漕ぐ「スタンドアップパドルボード(SUP)」体験などが人気です。透明度が高い湖での水遊びはとても気持ちが良いですよ。
本栖湖でのアクティビティ体験はベテランのインストラクターが揃う「プランプラン」がおすすめです。
≫詳しくはこちら

CAN GO!!アクセス

デイキャンプも可能 日帰りでのびのびBBQ

【あかいけでデイキャンプを楽しもう】
キャンプあかいけでは宿泊キャンプだけでなく、デイキャンプをすることもできます。午前中にキャンプ場についてバーベキューなどを楽しみながら自然の中でのんびりと過ごしましょう。キャンプサイトだけでなく、タープ付きのバンガローでもバーベキューができます。1泊の宿泊料金でデイキャンプできますので、宿泊のお時間が取れない方は検討してみてはいかがでしょうか?
デイキャンプはオンライン予約ができませんので、ご希望の方はお電話にてご相談ください。

CAN GO!!アクセス

【キャンプあかいけ】
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町精進550-127
営業期間:4月下旬~11月中旬
チェックイン:13:00~16:30
チェックアウト:~11:00(バンガロー・グランピングは~10:00)
TEL:0555-87-2885
定休日:期間中無休
直火:不可。足つきの焚き火台が必要

入場料:大人(中学生以上)800円、4歳~小学生500円、3歳以下無料
アクセス:中央道河口湖ICから国道139号線を本栖湖方面へ約30分
HP:http://www.camp-akaike.jp/
予約:要予約(オンライン予約のみ)

キャンプの帰りは温泉へ 日帰り温泉「富士眺望の湯ゆらり」

キャンプの帰りは温泉に寄りましょう!キャンプあかいけから山中湖方面に車で15分ほど進んだ場所にある日帰り温泉「富士眺望の湯ゆらり」では、16種類のお風呂でのんびり温まることができます。富士山の絶景が自慢の霊峰露天風呂やパノラマ風呂をはじめ、洞窟風呂や香り風呂などユニークな温泉がそろっており、弱アルカリ性のお湯が焚火などで乾燥した肌に潤いを取り戻してくれますよ。

CAN GO!!アクセス

【富士眺望の湯ゆらり】
住所:山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
TEL:0555-85-3126
営業時間:10:00~21:00(土日祝は~22:00)
    ※最終入館は閉館時間の1時間前まで
定休日:無休
駐車場:あり
https://www.fuji-yurari.jp/

関連キーワード

関連記事

富士観光開発株式会社

MORE